AGAの自己診断方法

AGAは、男性型脱毛症と言われており、進行性の病気です。年齢に関係なく症状が現れてくることがあるのです。原因は、遺伝や、男性ホルモンの異常により発症する事が多く、ほかにもストレスや生活習慣の乱れなども原因と言われています。はっきり、これが原因とは言えない病気の一つでもあるのです。

髪の毛の抜ける原因は、男性ホルモンの異常です。AGAのは、髪の毛が抜けて薄毛になり、最終的には、ハゲになるという恐ろしい病気になります。このAGAは、進行性なので、自己診断が出来るのです。見るのは、いつもの生活で髪の毛に触る時に、髪の毛の抜け方を調べるだけなのです。髪の毛を洗った時に、手に付く髪の毛の量を毎回見ておくのです。

また洗い終わった時に、排水溝の抜け毛の量を見るようにして一回にどれぐらい抜けているのか知っておく必要があるのです。また朝の髪の毛の整髪の時に抜ける、髪の毛の量を見るのです。クシやブラシにどれぐらい付いているか、知っておくのです。
この二つを毎回見て、急に抜け毛が増えてきたと感じるのが、数日続いたら、AGAの前兆になっていると思ってよいのです。その頃には、薄毛の心配が間違いなく出てきますので、素早い対応による発毛治療をして行く事が、ハゲになる前の予防策になるのです。AGAの進行スピードは急に速くなる事がありますから、薄毛を感じたらすぐに、専門クリニックや、皮膚科の病院に行って相談する事が良いのです。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ